ホーム » 未分類

未分類」カテゴリーアーカイブ

有効的な対策

犬の食物アレルギーを防ぐ対策としては、アレルギーを発症させるドッグフードを与えないことが重要です。そのため、どのような成分がアレルギー症状を引き起こすのかを知っておかなければいけません。しかし、素人がそう簡単に知ることは難しいでしょう。現在では食物アレルギーに対応しているドッグフードが販売されているので、このような種類のドッグフードを選ぶべきです。

そうすれば犬がアレルギー症状を引き起こす心配もありません。ただし、パッケージには食物アレルギーに対応していると記載されていながら、実際にはアレルギー症状を起こす原材料や添加物を使用しているケースもないわけではありませんので、やはりよく使用されている成分や原材料ぐらいは覚えておく必要があります。特に犬にとっては必要不可欠なタンパク質には注意が必要です。

タンパク質は犬にとってとても重要な栄養素ですが、アレルゲンにもなっているので、あらかじめタンパク質が分解してあるドッグフードを選ぶ必要が出てくる場合もあるでしょう。どのような成分や原材料が原因なのかは、動物病院へ行けば検査をしてもらえます。このときに注意事項をよく聞いておくことが重要です。そうすれば犬の食物アレルギーは防げるでしょう。

主な症状

人間のアレルギーと言えば、皮膚がかゆくなるアトピーや、鼻水や鼻詰まりが酷くなる花粉症などがよく知られています。では、犬の場合にはどのような症状が出るのでしょうか。実は犬の場合でも、人間と同じような症状が出るのです。食物アレルギーに絞っても、皮膚の炎症や鼻水、鼻づまりなどが多いですし、場合によっては目の炎症や胃腸炎のような状態になることもあります。

このように犬の食物アレルギーというのは、いろいろな症状が出てしまうことがあるのですが、そんな中でも最も多くなっているのが皮膚のかゆみです。犬が頻繁に体を掻くようなしぐさをしている場合、掻いた場所は毛が抜け落ちやすくなっているので、人間でいう円形脱毛症のような状態になることもあります。このような状態になったら、すぐ動物病院へ連れていきましょう。

場合によっては発疹が見られる場合もあるので、普段からよく観察しておくことが重要です。犬を飼育している室内の環境が悪い場合には、呼吸器系の疾患が一般的なのですが、食物アレルギーの場合には、いろいろな症状が出てしまうので、ドッグフードが原因であることに気が付かない場合もあります。よって普段からドッグフードの成分表示や生産国、原材料には気を配っておきましょう。

犬のアレルギー

人間にもアレルギーがあるように、犬にもアレルギーが存在しています。犬のアレルギーが増加した原因は、明らかに人間が影響しています。犬というのは本来外で生活している生き物です。人間にペットとして飼われるようになってからも、外に犬小屋を設置して飼うのが普通でした。しかし、現在では室内で飼うのが一般的になってきていることが大きな原因の1つでしょう。しかも室内は昔に比べて密封されていますし、空気の流れが悪くなっています。

人間のアレルギーが急速に増えたのも、家の構造が原因だと言えるでしょう。このように室内の環境悪化よってアレルギーになる犬が増加しているのですが、室内の悪い環境で飼育していることだけが原因ではありません。他にもドッグフードに原因があるのです。人間の食事も和食からどんどん欧米食に変わっています。輸入に頼りきっているため、農薬が大量に散布されている添加物だらけの食事を日本人は食べているのが現状です。これはドッグフードでも同じだと言えるでしょう。

特に外国産のドッグフードには、人間が食べられない添加物などを混ぜている企業も存在しているのです。このような物を長期間食べ続けていれば、アレルギー症状が出てしまっても当然だと言えるでしょう。まずは普段与えているドッグフードを見直してみましょう。これでアレルギー症状が改善されれば、ドッグフードによる食物アレルギーだと分かります。当サイトでは犬のアレルギーに関する情報を記載しているので、犬を飼育している人の参考になればと思います。